全身の健康にも関わる・・・歯周病治療

歯周病は治ります

歯周病は、細菌が歯と歯肉の間に入り込み、組織が破壊されて歯肉が腫れたり、歯を支えている骨が侵される病気です。歯周病の原因は感染によるものです。

歯を失う原因の第1位はむし歯ですが、歯周病もむし歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっています。

歯周病が怖いのは、単に口の中の病気というのではなく、糖尿病・早産・未熟児・心臓病・脳卒中・肺炎など、様々な病気を引き起こす可能性があるということです。

35歳~44歳の人でおよそ85%、45歳~54歳では90%の人が歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。

歯周病治療のながれ

1.はじめて来てもらった時に歯茎の検査を行います。

歯と歯茎の間の歯周ポケットの深さを測ります。歯茎が腫れていたり、歯周病で歯の周りの骨が破壊されているとこの深さが深くなります。3ミリ以下が正常な歯ぐき、4ミリ以上だと歯茎が腫れている状態です。また歯の揺れ具合を計ります。
歯周病の検査と同時にお口の中のレントゲンを撮影します。レントゲンでも歯石が歯にどのぐらいついているか、歯の周りの骨の量も見ることができます。歯の周りに骨がなくて歯周病治療を受けても歯の保存が難しい場合は抜歯をおすすめする場合もあります。

2.歯茎の上についている歯石除去を行います。

また、同時にブラッシング指導を行います。歯周病治療では患者さんの家でのブラッシングが大きく治療の効果にかかわってきます。歯石を除去してもブラッシングがうまくできていないとまた新しく歯石がついてきてしまうので、ブラッシング指導で歯磨きのスキルを上げてもらいます。

はみがき指導

歯周病がまだ軽い場合、歯みがきをしっかりするだけで、ある程度治ります。
その後歯石を取ると効果的です。

3.再評価のための歯肉検査(1回目の検査より精密な検査)

歯ぐきの検査をして、歯ぐきの状態が改善しているか確認します。歯茎の状態が正常であれば歯周病治療は終了です。歯茎がまだ腫れている場合は次の治療に移ります。

4.歯ぐきの中に隠れている歯石の除去

歯ぐきの上の歯石除去を行っても歯茎が腫れている場合、歯石が歯ぐきの中にもついており、それが原因で歯ぐきが腫れています。その場合歯茎の中の歯石とりを行っていきます。
歯の周りの歯周ポケットのなかに専用の器具を入れ、はじくようにして歯石を除去していきます。痛みがないように表面麻酔を歯茎に塗って処置を行っていきます。 お口の中をいくつかのブロックに分け、すべての歯の歯石とりを行っていきます。

歯石取り

歯垢は、時間が経つと石のように固くなり歯石になります。歯石になると通常のブラッシングでは取れなくなります。
歯と歯ぐきの間について固まった歯石をきれいに取り除きます。

5.再評価のための歯肉検査

再度歯ぐきの精密な検査をして、歯ぐきの状態が改善しているか確認します。歯茎の状態が正常であれば歯周病治療は終了です。

6.外科的な歯周病治療

歯周ポケットが深い場合や歯石が大量についている場合、歯ぐきの中の歯石とりをしても歯茎の腫れが残る場合があります。腫れが残っている場合はさらに進んだ歯周病治療をおすすめする場合があります。 歯ぐきに麻酔をして、歯の周りの歯ぐきを少しはがし、歯の根っこの部分とそれについている歯石を見えるようにして歯石を除去する方法です。歯茎の中を直接目で見て確認できるので、徹底的にきれいにすることができます。
4ミリ以上のポケットが残っている部分を対象として行います。約1月後に歯ぐきの検査を行い、歯周病治療は終了です。

歯周病治療は、患者様の状態によって違います。自分の歯周病状態を知り、しっかり治すことが大切です。それぞれの歯周病の検査の結果によって次の段階の治療をおすすめしていきます。最終的には患者様の希望に沿った治療を行っていくので、希望される範囲までの歯周病治療も可能です。

歯周病治療のご感想

歯周病治療のご感想ふじた歯科では、歯周病治療に力を入れております。歯周病治療は患者様ごとに様々な希望があります。
その患者様にあった方法で治療いたします。できるだけ歯を抜かない痛くない治療を行っております。


■患者様の声

【47歳/女性】
歯のきれいな人を見るとうらやましくて、虫歯や歯槽膿漏にしてしまったことをすごく後悔していました。私の場合、歯周病治療、むし歯治療のあとインプラント治療も受けて1年くらいかかりましたが、しっかりと噛めるようになって終わりました。ふじた歯科での歯周病治療のおかげでここまで回復できました。以前と違って口の中がさっぱりしていますし、朝起きたときのねばねば感もなくなりました。またインプラントは自分の歯と違和感も感じずにものが食べられます。無くして初めて重要さがわかるものですね、藤田先生には感謝しています。これから定期的な検診をうけさせていただきながら、これ以上歯を悪くしないように注意していこうと思います。

【63歳/女性】
以前は、朝起きたときに歯磨きしても数時間後にはネバネバ感があり、口臭もしていましたが、歯周病治療を受けてから、そういう不快感がなくなりました。

歯周病治療のご感想はこちら

 

ふじた歯科 歯周病相談サイトはこちら

歯周病相談サイト

「患者様の気持ちを第一に。」

「歯医者が苦手」、「どんな治療をされるか不安」…

そんな患者様の不安な気持ちを取り除き、安心して治療を受けて頂くために、
ふじた歯科では丁寧なカウンセリングと治療説明、そして清潔でリラックスできる環境作りにも心を配っています。

私たちが患者様の立場だったら…自分たちが「こういう治療を受けたい」と思う治療プランを提案します。

歯に関するお悩みがある方、お気軽にご相談ください